記事検索
 

2017年06月11日

ボランティア日記 あいんす (^_^)v

「第14回 Mr.富士ヒルクライム」編
http://www.fujihc.jp/

突然ですが、スポーツ関係のイベントに参加したことはありますか?
各地のマラソン大会など、そこには欠かせない存在のボランティアさん。

今年から、プライベートで地元のスポーツイベントにボランティアとして参加することになり、自分の覚え書きとして、ここに掲載していこうと思います。
実は裏側はこんな感じなんですよ〜と、知ってく下さると、毎回出場しているイベントでも、ちょっと面白い視点になるかも?
とかいいつつ、
自分のストレスの発散場所になりそうですが・・・。(^◇^;)

1万人の自転車愛好家さんたちが参加するこのイベント。
世界遺産になった富士山の麓を環境に優しい自転車で走れるとして、毎年たくさんの方々が参加して下さいます。
自分は、始めて参加しました。カラフルなユニフォームに、カラフルな自転車。今年から、未来の選手としてジュニアちゃん達も参加してくれました。

さて、会場に入る前日まで、参加ボランティア団体さんへ配るいろんなもの(お弁当やウェアなど)をお渡しする時に迷わないように下準備して行った、大会前日。
団体名さんごとに詰めて並べるまでに、なんだかやりにくい。
毎年手伝って下さる他のボランティアさん達ともギクシャク。原因は、元にした表が、大会の総合まとめをして下さる方々が作ったものを基本にしていた事でした。(後で分かったことですが)
ということは、
その表を見る目的が違いますよね。
同じ表を元にして、自分達専用を作らないと仕事ははかどりません。
まずは、一つ改善策が発見されました。

そして、当日。
各団体さんへ渡しますが、これがもっとスムーズじゃない!

その団体さんの代表者がきちんとした指示を出さないでいるところが多く、すっごい量なのに、たった一人でひと団体分取りに来る人や、所属団体を無視して自分だけ勝手に取りに来る人、様々でした。
参加して下さるのは、ありがたい事ですが、各団体の責任者、もしくはリーダーさんにはしっかりして欲しいと思いました。
第二の改善策が発見されました。

そんな中である団体さんの行動にはむちゃくちゃ驚いたのと、むちゃくちゃ呆れました。


では、最初にこのボランティアという言葉の本当の意味とは、ウィキペディアから引用しますと。
「ボランティア(英: volunteer)とは、自らの意志により参加した志願兵のこと。長じて、自主的に社会活動などに参加し、奉仕活動をする人のこと。また、奉仕活動そのものを指すこともある。」
あくまでも、自主的に活動する事が主になるはずなのですが・・・・。

ボランティアとて、少しは恩恵もあります。
当日のお昼やスタッフウェアの無料配布です。(本当の無償ではないかもしれませんが。)
奉仕活動はともかく、それ目当てだけの、時間が余っている人生の大先輩達がたくさん参加してきていたのです。
実際に、自主的に活動してくれないと、困るのに、杖をついた方など、どうみても、活動出来ない方々ばかり。
そこが一番人数が多かったのです。( ̄。 ̄;)
頭数そろえればいいってもんじゃないんですけども・・・。

四六時中観察していた訳ではないのですが、聞けば、スタッフテントの中で椅子に座り拍手を贈っていただけだったようなのです。
きちんとお仕事の割り振りはしてるにも関わらずです。
そして、もっと凄いことにそこの団体の責任者さんは、配るだけ配ってとっくに帰られたというではありませんか!!
え?それって詐欺じゃないの?と思ったのはいうまでもありません。
お陰で、その団体さんの仕事を自分達の団体がする事になり、明け方4時から夕方3時迄、みっちり活動を行ってまいりました。
家に帰って来てバタンキュー。(古!) 夕飯まで寝ておりました。(^◇^;)

高齢化社会のひずみがこんな所にまでおよんでいるとは思いもよりませんでした。
時間が余っているのは分かりますが、あくまでも、ご自身の意志で参加しているのですから、活動して欲しいものです。

それとも、田舎だけ?

そうそう、オマケで、
ちゃんとゴミ箱があるはずですので、参加者の皆様もきちんとゴミはゴミ箱へ入れて下さいね。
トイレがゴミの山となっていて、ビックリでした。

さあ、次回は、なんのイベント参加かな?
また、
同じようなぎくしゃくがないことを祈りますが・・・。

同じかもなあ。(^◇^;)

posted by takbout=たあぼう at 20:41| 山梨 ☀| Comment(0) | 独りよがり日記の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月19日

今年見た映画&ドラマの中で

映画に評価を付けるのは個人的には好きじゃない(たとえば10点満点中3点とか)が、ランク付けはするich。
先月までの月ごとベスト3を紹介。

映画館・DVD(海外版も含む)・レンタル・動画サイトなどで1ヶ月間に見た映画&ドラマのランキング

H27.12月
1位「ニューヨーク、アイラブユー」ファティ・アキン監督他・2008年作品


2位「タマラ・ドゥルー〜恋のさや当て〜」ルーク・エヴァンス出演・2010年作品


3位「ワイルド・スピード Sky Mission」ジェイソン・ステイサム出演・2015年作品 感想日記



1月
1位「スター・ウォーズ フォースの覚醒」ハリソン・フォード出演・2015年作品 


2位「かけがえのない人」ニコラス・スパークス原作&ルーク・ブレイシー出演・2014年作品 感想日記


3位「恋人まで1%」ザック・エフロン主演・2014年作品 



2月
1位「さらば、あぶない刑事」舘ひろし主演・2016年作品 感想日記


2位「冒険野郎マクガイバー シーズン1」海外ドラマ・1985-86年作品 


3位「ピエロがお前を嘲笑う」ドイツ映画・2014年作品 感想日記



3月
1位「FOREVER DrモーガンのN.Y事件簿」海外ドラマ・2014-15年作品 


2位・3位 該当作品なし


4月
1位「Alarm für Cobra 11 Cobra, übernehmen Sie 春期スペシャル版」エルドゥアン・アタライ出演・2016年作品(日本未公開) 感想日記 
91S4C0PEDrL._SY445_.jpg

2位「0011ナポレオン・ソロ2」デヴィッド・マッケラン主演ドラマ・1983年作品 


3位「I LOVE スヌーピー」アニメ映画・2015年作品 



5月
1位「カントリー・ストロング」ギャレット・ヘドランド出演・2010年作品 感想日記


2位「顔のないヒトラーたち」ドイツ映画・2014年作品 感想日記


3位「白鯨との闘い」クリス・ヘムズワース主演・2015年作品 



6月
1位「The Bridge/ブリッジ シーズン3」海外ドラマ・2015年作品 
シーズン3.jpg

2位「帰って来たヒトラー」ドイツ映画・2015年作品 感想日記


3位「ベラ bella」トム・ベック出演・2015年作品 感想日記



7月
1位「NCIS シーズン13」海外ドラマ・2016年作品 


2位「Burning Man」マシュー・グード主演(日本未公開)・2011年作品 


3位「ON AR 殺人ライブ」ドイツ映画・2013年作品 感想日記



8月
1位「これが私の人生設計」ラウル・ボヴァ出演・2014年作品 感想日記


2位「エール!」フランス映画・2014年作品 


3位「バチカンで逢いましょう」ドイツ映画・2012年作品 



9月
1位「オデッセイ」マット・デイモン主演・2016年作品 


2位「イン・ユア・アイズ 近くて遠い恋人たち」マーク・ファイアスタイン出演・2014年作品 


3位「君の名は」アニメ映画・2017年作品
君の名は.jpg 

3位「秒速5センチメートル」アニメ映画・2007年作品



10月
1位「ジェイソン・ボーン」マット・デイモン主演・2016年作品 感想日記
ジェイソン・ボーン.jpg

2位「Mr.ホームズ 名探偵最後の事件」イギリス映画・2016年作品 
Mr.ホームズ 名探偵最後の事件.jpg

3位「スノーホワイト/氷の王国」リアム・ヘムズワース主演・2016年作品 


11月
1位「スター・トレック BEYOND」カール・アーバン出演・2016年作品 


2位「君がくれたグッドライフ」ドイツ映画・2014年作品 


3位「熟れたアモーレ」マルコ・ボッチ出演・2015年作品 感想日記


3位「スニッファー ウクライナの私立探偵」海外ドラマ・2013年作品
スニッファー ウクライナの私立探偵 S1.jpgスニッファー ウクライナの私立探偵 S2.jpg

「マニアの戯言」に掲載した作品もあれば、まだ掲載してない作品もあります。
感想日記と書かれているものは、掲載してありますので、クリックして読んでみてください。
(題名が英語表記の作品は、海外版DVDもしくはネット上での鑑賞です。)

という事で、今年のベストムービーは、「マニアの戯言」で後日お知らせする予定です。(年末あたり)

posted by takbout=たあぼう at 07:56| 山梨 ☀| Comment(0) | 好きな映画の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月23日

サントラが好きな訳

先日、今更ながらにマット・デイモン主演の映画「オデッセイ」を鑑賞した。


そこで、
火星に取り残された主人公ワトニーが、他の仲間の残していった私物の中にあった音楽を聴くというシーンがあり、「艦長、あなた、音楽の趣味が悪い。」と言っていた音楽を聴きたくて、早速、サントラを購入したのだ。


70年代の音楽なのに、この未来の話しとマッチしていて、気に入ったのもあるけども。

同じような未来の話しなのに、音楽は70年というギャップは、クリス・ブラット主演の映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」で経験済み。


でもなんで、SFが70年代の音楽と相性がいいのか?
それはきっと、月面に人類が行った年代だからだと思うからだ。
それを知っていた世代は、懐かしくもあり、知らない自分のような世代は、新鮮に聞こえるからだと思えるのだ。(あくまでも持論だが)

よくアーティスとかがインタビューに答える中で、このジャンルの音楽を好きになった理由として、「家族の誰かが聞いていた。」という話しがあるが、自分の家族は、今思い返すと音楽に無縁だった気がする。
5歳上の兄からは映画を教えてもらったが、音楽は聴いてなかった。未だに何が好きかも分からない。
7歳上の姉からは少しだけ、オフコースや、中村雅俊さんの音楽を聞かされた。
なので、
自分が音楽を知ったのは、80年代アイドルからだ。
とはいえ、そんなにどっぷりつかった事はない。
思春期には、舘ひろしさんを聞いていたのだから、変った若者だった事は確か。
70年代の音楽が好きなのは、舘さんの影響もあるかもしれない。

さて、本題へ。
サントラという存在を知ったのは、高校の時。
高校3年の時に好きだった男の子(あくまでも、片想いで終わった)との会話の中で、アンドリュー・マッカーシー主演の映画「マネキン」で流れていた曲が好きだと話していたら、「そのサントラを持っている。」と聞いて、是非、カセットに入れてくれと、無理に頼んで入れてもらったのが始まりだった気がする。
カセットの中には、この曲(歌詞がある曲の事)しかなかったからと、他の映画のサントラからも何曲かチョイスして入れてくれてあったのだ。
嬉しい誤算ではあったが、そのカセットが未だにサントラが好きな理由だと思う。

一人のアーティスとの曲を聴くのもいいが、映画だとそのシーンにあった、いろんなアーティスの曲を使ってくれるから、すっごく参考になるし、聞いていて楽しい。
映画のシーンが甦るもあるが、気に入ったアーティストに出会えたりする事もあるからだ。

日本の曲は当時の思い入れがあって、改めて聞こうなんて思えない。

だが、
洋楽は、今まで聞いた事もないし、思い入れもないので、新鮮にすべての世代を聞けるのだ。
カントリーも、ロックも、ポップも好き。韻を踏む、ヒップホップはちょと苦手だけども・・・。(~_~;)

ちょっと気恥ずかしいが、
そのきっかけととなった好きな曲を映画のワンシーンと共に紹介して、締めといこう。
(ネタバレあします、ご注意を。)



バレンタインなどで、よく流れる80年代代表の甘い曲だ。

当時、入れてくれた彼に大感謝。
地元にいるらしいが、今だに再会出来ないのが、寂しい。

ご縁がないんだろうなあ〜。(^◇^;) 

posted by takbout=たあぼう at 09:31| 山梨 ☀| Comment(0) | 好きな音楽の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月12日

「UEFA EURO 2016 決勝リーグ」

今までの成績。
ベスト16 6月28日 ドイツVSスロバキア 2-0 
準々決勝 7月3日 ドイツVSイタリア 1-1 PK6-5
準決勝 7月8日 ドイツVSフランス 0-2
準決勝で敗退。

昨日ですべて終わった、ユーロ2016.
優勝をさらったのは、ポルトガルでした。
朝起きて、居間のTVをポチッとおすと、お〜0-0のまま延長へ。
あれ?あのスター選手は?と思ったら、ケガで欠場してたのね。
なんと気の毒な〜。(ToT)
だけど、チームメイトががんばって優勝!!彼の執念がチームを勝利へと導行いたのだと思うのだ。

という事で、

その点が欠けてたように思えた、ドイツチーム。


ボアティングのミドルシュートとか、エジルの巧みなシュートとかすっごく良いところはあったけど、やっぱトップがダメだったかな?
ゲッツェも出させてもらえなくなっちゃったし、出てきたの嫌いなゴメスだし。
得点入れてくれたけど、なんか皆がお膳立てしないと入れない感じがして、ものすごく嫌だった。
相変わらずのミュラーもなんかちょっと上手くかみ合わない気がしたなあ。
大好きなエジルもがんばったけど、何度かゴールを外して、
でも、イタリアの均衡を破ったのはお見事!でした。

イタリアとの因縁勝負は、ハラハラドキドキ。
ラストのPKは、何故か見ながら、この人外す、この人入れるなんて、後半予想が当ってビックリだった。
ピッチに立ったときの雰囲気で決めていただけだったんだけどね。
(なので、ミュラーもエジルも外すのが分かったりして)
しかし、守護神ノイアーは格好良かったし、素晴らしかったなあ。

フランス戦は、まったくダメでした。
最初に言ったけど、なんかゴールへの執念というかが、窺えなかった。

この試合に限らず、全試合、そう見えたのは、何でだろう?
まだ、チームとして、かみ合ってないのかな?
誰かが、リーダー不足だと言ってた。
シュバイシュタイガーは、リーダー的ではなく、みんなでがんばって行こうぜタイプかも?
まだ、それに慣れてないだけかもしれないなあ。

4年後は優勝だ!と日本のドイツ大使館がおちゃめな事をしてくれたけど、4年後はどうなるかな?
監督も代っちゃうかもなあ。

とにかく、
この1ヶ月間、楽しく過ごさせて頂きました。にわかサッカーファンとして、満足でした。
だんけしぇ〜ん、ドイツ代表チーム!! 

次回も期待してますよ〜。
posted by takbout=たあぼう at 06:55| 山梨 ☁| Comment(0) | 独国代表サッカーチームの事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月26日

今年も都会まで、ドイツイベントに行って来ました!!

文庫版発売&映画日本公開記念 『帰ってきたヒトラー』


帰ってきたヒトラー.jpg

森内薫×吉川美奈子×マライ・メントライン
必殺3人衆が語る。蔵出し!インサイダートーク
http://www.jdg.or.jp/event/03seminar/seminar_95/20160625j.html 
日時:6月25日(土) 14時 開場 14時30分 開演
会場:拓殖大学 文京キャンパス 

という事で、今年もイベントに行ってまいりました。

今回は、日独協会さんのフェイスブックで知り、お〜!!昨年お会いしたお二人が〜という事で、早速申し込み、昨日行ってまいりました。

今回も往復バスで〜と思ったのですが、行きがとれず、パートナーに最寄りの駅までと頼んだら、もうちょっと先まで送ってあげるよ〜と言われ、最寄りの駅よりも都会の方へ行ってもらいそこから、京王線に乗って新宿まで行きました。
実は、まだ映画も鑑賞してなかったので、これは、良い機会だとし、新宿の映画館のチケットを買い、予習して挑んだ、今回のトークイベント。

よかった〜予習して。

本か映画を見てないと、とんとはお話はついていけないな〜と個人的には思いました。
お二人は、ネタバレしないように、おっしゃってましたが、この話を知ってると知ってないとでは。やはり面白さは半減してたと思います。
映画の感想と、この日、本も購入したので、本の感想も読み終わったら掲載します。
今週の終わりには、映画の感想を先に「マニアの戯言」で掲載させていただきますけども。

さて、いよいよ始まったトークショー。
場所は、まんま、大学の教室。
みなさん、紙と鉛筆持参でせっせとφ(..)メモメモしておりまして、まるで学生時代の授業風景。
大学生になった事がない自分には、大学の講義を聞いているような気分になりました。
(お堅いのではなく、楽しい授業)

とはいえ、φ(..)メモメモも取らず、ニヤニヤと、出演者様の顔を眺めていた自分
お話上手だな〜いろいろ知ってるな〜すげな〜と感心しながら、そうそうと、うなずいたり、ほ〜「そういうことか〜」と納得したり、本当に楽しい一時でした。

個人的には、映画字幕の裏側は本などで知っていたからですが、
本の翻訳の裏話には感心させられ、新鮮でした。
そんなご苦労をなさって、世に出てくる翻訳の本って、すげ〜な〜と。

昨年もそうでしたが、相変わらず、面白おかしく、
ドイツ事情をお話して下さった、マライ・メントラインさんには、もう、尊敬の眼差しばかり。
お話は上手だし、何を聞いても答えられる才女。

自分達が逆に、あんなに日本の事を質問されても答えられるだろうか?と思ってしまいました。
そして、
複雑なドイツ人の心境を語られた時は、無知な日本人で申し訳ないと思ってしまった次第でした。

そうそう、
トークショーが終わり、質疑応答での事。
映画を見ていてよく言われるあのフレーズが出ました!
「ドイツ人は笑っていたが、日本人には、なんで笑ってるのか分からなかった」という質問。

これって、ドイツ映画にかかわらず、外国映画で字幕を見ている人には、誰もが経験する事柄。
字幕でどうにか出来ないのか?みたいな事を言いますが、笑いってそう簡単に訳せるもんじゃ〜ないんです。ワンシーンで出てくる字数も限られてるもあるのですが・・。
自分は答えられてる主役様に変わって言いたかった〜。
笑いには背景が必要で、なにわともあれ、映画「テッド」をご覧なさいと。
百聞は一見にしかずでどんだけ字幕で笑わせるという事が難しいかが、理解出来るから〜と。
その事でお悩みの方。
どうぞ鑑賞して裏話まで見て下さいまし。

それと、
「軍隊がドイツ国内で派手なパフォーマンスを見せていいのか?」という質問を聞いた時、
「日本でも、軍事練習なんぞ見せてますよ〜」と言いたかった。
すっごく、戦争映画オタク風でしたが、参考にしている映画が「ワルキューレ」と言った時にはがっくりでしたけども。(メジャーすぎ)

イベントが終わった後、昨年お会い出来た、産業書類を訳している方とも再会でき、面白い美味しい話をたくさんお聞き出来てすっごく嬉しかったです。
基本、映画もメイキングなど裏話が大好物ですので、いや〜本当、面白かったし、勉強になったし、幸せでした〜。
名刺やサインも頂いちゃって〜
だけど、尊敬するマライ・メントラインにサインを貰う勇気が出来なかった事が、むっちゃ後悔しております。(基本、小心者)

帰りの電車の中、一緒に帰りましょうとおっしゃっていただいて、その中でのお話しも大変楽しかったです。あ〜こうやって、一つの話題で盛り上がれる友人(と言ったらおこがましいですが)が出来た事がまじで、ブログやってて良かった〜と思った瞬間でした。

昼飯抜きだったんですが、
胸もお腹もいっぱいになってしまって、夕飯どうしようかな?と思って探しまくって、このまま食べずに帰ろうかと思った矢先に入ったお店のオムライスが、やけに美味しかったです。
(その後のいつもの、胃がキリキリに見舞われてしまいましたけども)

ほぼ、1年ぶりの一人遠出だったので、場所に行けるか心配でしたが、(案の定、大学の最寄りの駅で少々迷った)なんとか無事行ってこれてよかったです。

今回の企画をして下さった、日独協会さまには、感謝感謝です。
そして、こんな田舎者に、付き合って下さった皆様、本当にありがとうございました。

またお会い出来る事を祈って、せっせと、ドイツ映画を鑑賞し、ブログも更新していきますので、今後ともまた、よろしくお願いいたします。 

あ〜また行きたいな〜。 

posted by takbout=たあぼう at 20:30| 山梨 ☁| Comment(0) | ドイツかぶれの事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする