記事検索
 

2009年09月12日

今、夢中で聞いている曲

第13シリーズの「コブラ11」(日本未公開)で、使われていた曲がず〜と気になっていた、ich。


(↑は、その前の第12シリーズ)

それが、最近になってやっとあるグループの曲だとわかり、まずは、iTuneでその曲を買って聞いてみたのだ。

これは、「なかなか好きな曲だぞ!」と速攻に、Amazonからアルバムを2枚購入し、現在夢中で聞いているのだ。

楽曲は「Daughtry」=ドートリーというロックグループの曲「It‘s Not Over」
http://www.youtube.com/watch?v=E6s8C2DvfGo

ボーカルのクリス・ドートリーは、アメリカン・アイドルというオーディション番組の出身者で、おしくもこの時は優勝を逃したものの、レコード会社の目に止まり、デビューを果たした人物だというのだ。
音楽関係のド素人の自分が説明するのもなんなので、気になる方は、こちらの(英語ですが)公式サイトを読んでくれ。
http://www.daughtryofficial.com/us/home

自分が買ったアルバムは、下記の2枚。




とにかく、彼の声がいいし、曲もいい感じなのだ。
歌詞が分かるまでいけばいいが、何せ前から言っている通り、語学がダメなので、雰囲気で聞いているのだ。

最初に紹介した曲の歌詞は、このドラマの時の、このシーンのゼミルの心情を歌っているのだと、やっとわかった。
「君しかいない。もう一度、やり直そう。」
と歌っているのだそうだ。

とにも、かくにも、
未だにエルドゥアン・アタライ=ゼミルに夢中なので、何かと知るきっかけは「コブラ11」に関係してくるのだが。(^◇^;)

それにしても、これは自分の中では大ヒットのグループだ。
皆さんも機会があれば是非聞いてほしい。

だけど、
今更何を言ってるんだ?って声も聞こえて来そうだけどね。(爆)

posted by takbout=たあぼう at 09:32| ☔| Comment(0) | 好きな音楽の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。