記事検索
 

2011年03月15日

高校は合格したけれど・・・。

記録として残して起きたいと思います。

地震に遭われた方が、1日も早く、元気になることを祈っています。

11日
この日は、マニア君の合格発表&高校制服の注文日でした。

何故か早く目が覚めて、その後眠れなくて、明け方5時に起き、マニア君のノートPCを借りて、楽しみにしていた、コブラ11を無事鑑賞した自分。

9時半にあるばいてんへ行きました。

老舗の制服店が自分のあるばいてん先。
なので、高校の合格発表から3日間が、一番忙しい時なのです。(後は制服を渡す、4月初旬)
店の裏手にある地元の会館へ、採寸の準備を整え、バタバタと10時頃始まりました。
そうこうしている内に合格発表の11時。
マニア君からは「受かった!」のメールを貰い一安心。
発表を見た生徒さん達が次々と来店してくるのを、どうにかさばき、なんとなく間が開いた、

午後2時半ごろ。

自分は店に戻ろうと立ち上がった時。
初めに電気がパっと消えました。
「どっか漏電?」
と思っている時に揺れがゆっくり始まったのです。
いつもは、そのくらいで収まるのですが、今回は違います。

だんだん揺れが激しくなり、電車のつり革を持ってなくて電車に立ってのっているような状態な感じで揺れが続きました。

あるばいてんに来ていた若い女の子達は、ぷちパニック。
同じ会館で詩吟をしていたおばあさんたちもぷちパニック。
揺れが収まり、自分は店が心配で外へ行きました。

店にはこの制服屋さんの先代の奥様が店番をしていました。
現役ばりばりの人生の大先輩です。
店には、制服を入れた箱が山積みになっていたので心配していくと。
店の2階で仕事をしている縫い子さんたちと外へ出ていてくれました。
無事だとほっと一息。

そして、我が家で一人で留守番している、人生の大先輩へ電話を掛けました。幸い自分の携帯からはすんなりつながり、
「私は大丈夫。マニア君が遊びに出掛けて心配だから連絡して〜」
との事で、さっそくマニア君の携帯へ。
「俺は大丈夫」
との事で、一安心。

しかし、電気はすぐに来ませんでした。

来店してきた、お客様と、怖かったよねえ。
といいながらも、仕事をこなし、これまた、一息ついた頃。

第二の地震がありました。(震源地が違った場所でした)

これまた、みんなでプチパニック。
詩吟をしていたおばあさん達は、お茶を飲んで一息ついている時でした。
(いたんかいまだ!)
飛びだそうとする、おばあさん1人に、
「ヘタに動いちゃダメです。そこに座っていて。」と制止、これまたなんとか揺れは収まりました。

停電は続きました。

お店の縫い子さんは、ミシンが動かないからと早退。
自分達も、電気がこない限り、真っ暗になってしまうので、早急に帰宅することになりました。
自分は、遠くから来ていた、アルバイトの女の子を送って行くことになりました。

道路へ出ると、渋滞
信号機がついてないので、ゆずりあいで交差点を通り過ぎていくのです。
なのでのろのろ運転。
大通りは、少し信号がついている箇所がありました。

無事送り届けると、もう家の中は薄暗い状態。
マニア君には、店を出るときに、すぐ帰って来なさいと電話したので、帰宅してました。
パートナーも帰宅。

皆で暖まらない、おこたに入り、ろうそくの炎で食事をしました。
幸い、電気以外正常でしたので、温かいものが食べれました。
でも、暗闇の食事はあじけないと実感しました。

夜は断水するかも?

と放送が入ったので、バケツやお風呂に水を入れ、着替をせずにそのまま、就寝。

しかし、
ちょっとでも揺れると飛び起き、地震速報がラジオから流れる度に、びくびくしながら1晩を過ごしました。

幸い電気は夜が明けると共に復活!!
ほっとしました・・・。

よく地震は経験してましたが、こんな怖い思いをしたのは初めてでした。
電気のありがたみをつくづく実感した一晩でした。

あんな思いをまだしている方々がいると思うと、すっごく切なくなります。
なので、出来るだけ節電しようと思います。

そういう経験をなさった方からすると、申し訳ない程度の経験ですが、忘れっぽい自分でも、あの晩の不安な気持ちは一生忘れないと思います。

何故か、マニア君の人生の節目には地震があるのです。
産まれる年の1月には、関西の大地震。
高校合格発表日には、東北の大地震。

なので、自分は一生この二つの大地震を忘れないと思います。

さあ、節電。 もう、PC切りますね。

posted by takbout=たあぼう at 09:42| 山梨 ☁| Comment(0) | 独りよがり日記の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。