記事検索
 

2011年05月15日

♪あ〜我が母校〜♪

昨日、高校の同窓会だった。(歳がバレバレ・・・(――;))

クラス単位では卒業してすぐ1回やったし、最近もこの大行事があるからと1回行っていた。

学校全体の何期生単位は本当に卒業式ぶり。
他のクラスの友人とかにも会えるし、何しろ久々バレー部再会か?に一人心弾ませていたのだ。
というのも、自分はその時の部長で、同窓会の準備の時に偶然昔のバレー部の打ち上げ&お泊まり会の写真をアルバムから発見してしまっていたからだった。

一応、同窓会の下っ端の係を担当していた、ichは、当日もクラスの受付、2次会会費の集金などちょっと忙しかったのだが。

クラスとしては3分の2くらいの出席だった。他のクラスはもうちょっと多かった。

そして、待ちにまった、バレー部再会。(^_^)v
いきなり、yuriには、「誰だっけ?」の洗礼を受けたが(爆)、他の子は「変わってないね」とすぐ分かってくれたのだった。

takbout(部長)、mika(副部長)、natumi(部員)、tisato(部員)、yuri(部員)が再会。
うち、二人はママさんバレーの現役選手だった。(^_^)v
そして、凄い事を聞かされた。
当時の顧問の先生もママさんバレーの現役の選手だと。

だから、「takboutもママさんに入ればいいじゃん!」と誘われたが、「近所の人達とソフトバレーしてるから〜」と丁重に断ったのだった。
しかし、「今度顧問と会う約束をしているから、その時は一緒に〜」という誘いは断らなかったよ。(^_-)-☆

なんかむっちゃ嬉しかった。だって、バレーを続けてくれている子がいたからさ。

他の部員のその後も教えてもらえたし。

yasuko(部員)とhitomi(マネージャー)は、都会へお嫁に行っていた。
miki(マネージャー)とnoriko(部員)は国際結婚でそれぞれのダンナ様の母国で暮らしているとの事だった。
みんな結婚していて、子持ちだった。

早くに結婚した自分はまったく、部員のその後を知らなかったので、なんかすっごく貴重な情報交換場所だった。(逆にみんなは自分の消息がつかめずだったらしいが)
メルアドや携帯番号を交換し、「バレー部だけで、集まろうねえ」の約束をして同窓会は終わった。

全体的にはまた、5年後の同じ日を予定しているのだけどもさ。

他のクラスの友人にも会えて、めちゃくちゃ楽しい一時を過ごせた。
まあねえ、会いたくない子には会えるのに、会ってみたい子には会えない不思議な現象もあったけども。σ(^◇^;)

何年か前までは、同窓会をされても絶対行きたくな〜いと思っていた、ich。
だが、係を引きうけ準備をしていくとなんだかこの時だけってのは、寂しいなあ〜と気持ちも変わっていったのだった。

実は3月の震災があったので、止めようという話が持ち上がっていたのだ。
しかし、100人近い同級生に会える機会なんてめったにないからと縮小して行うと係のみんなで決断したのだ。
昨日の嬉しそうなみんなの様子を見ていたら開催してよかった〜とつくづく実感したぜ。

ぶつぶつ文句たれながらも11月からの半年間、大変貴重な経験をさせてもらった。

係にと声をかけてくれた、クラスメイトのT君。
まじDankeでした〜。 

posted by takbout=たあぼう at 22:02| 山梨 ☁| Comment(0) | 独りよがり日記の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。