記事検索
 

2014年10月07日

ドイツチーム白星スタート

UEFA EURO 2016 予選

FOXSportsさんより引用 サイト→http://foxsports.jp/program_info/world_soccer/1096 

フランスで開催される欧州ナンバー1を決める4年に一度のサッカーの祭典「UEFA EURO 2016」。
EURO 2016本大会に出場するための予選グループリーグが、2014年9月から翌2015年の10月の 約1年にわたり開催される。
1年かけ各チームが10節を戦い、本大会への切符を手にするのはいったい!?
今大会から本大会出場枠が16から24チームに増加された予選には、過去最多となる53の国・地域が出場し、9グループに分かれて戦う。
各グループ上位2チームが無条件に本大会出場権を獲得。
また各グループ3位の最上位チームが予選を突破し、残る8チームでプレーオフを行い、勝利した国が本大会への切符を得る。

グループD
ドイツ
アイルランド
ポーランド
スコットランド
グルジア
ジブラルタル

W杯後、代表から引退を宣言したベテラン主要メンバー、フィリップ・ラーム、ミロスラフ・クローゼ、ペア・メルテザッカー。
さらに、2007年以来、ヨアヒム・レーフ監督のアシスタントコーチを務めたハンス=ディーター・フリックも退任しました。
(コーチは、ドイツサッカー全体のコーチのような立場になったそうです。簡単に言えば出世です。)

この大会の前のアルゼンチンとの親善試合には、セレモニーで、4人の表彰式が行われたそうです。
以下その様子の動画。(消されたらすみません)


新キャプテンには、バスティアン・シュヴァインシュタイガー。
ちなみに、この親善試合では、アルゼンチンに負けたとの事でした。(^◇^;)

さあ、スコットランド戦。
けが人が多く、キャプテンのシュヴァインシュタイガーも出場出来ず、ノイアーがキャプテンマークを付けておりました。
大好きなエジルもケガでダメ

だけど、ゲッツェとミュラーは、元気でスタメンでした。(*^^)v

前半、ボールの主導権はいつもドイツなのに、なかなか点にまで結びつかないチーム。
やっと入れてくれたのは、ミュラーでした。(*^^)v ヘディングで、シュート。
どう見ても、狙ってではなく、かろうじて、ボールに合わせた感じでしたけどね。(素人目線です)
相変わらず、いいところにいるなあ〜ミュラー。最近は、ミュラーも好きです。楽しいわあ〜彼。
そして、カワイイ、ちっこい、ゲッツェも好き。ちびっと、ぽちゃり気味で、ますます可愛かったです。
前半は、1-0で終了。
後半は、スコットランドが2選手交代させて、攻め込んで来ました。
そして、カウンターで1点返され、うわ〜(>_<)なんて思っていたら、すぐさま、再びミュラーがゴールを決めてくれました。(*^^)v
images.jpg
まあ、これもいいとこにいましたよ、彼。(^◇^;)
その後、ミュラーは、カウンターで攻められそうになった時、その選手の肩を背後から持って止めました。(^_^;)
当然、イエロー。
解説の方曰く、「時間が残り少なかった為、ここで1点入れられるよりも、反則して、プレーを止める事を選んだのでしょう。」という事でした。
そういう作戦もあるんですね。予選は勝ち点取ってなんぼ、ですからね。サッカーを良く知らない自分でも、思わず、納得でした。

9月8日の初戦、対スコットランド 2-1 でドイツ勝利(*^^)v


さあ、勝ち点を獲得して、次回は、ポーランド戦。

今度は、エジルも帰ってくる様子。
また、録画してみよっと。(*^^)v

にわかサッカーファンは、まだまだ続くのでした。
posted by takbout=たあぼう at 21:43| 山梨 ☀| Comment(0) | 独国代表サッカーチームの事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。