記事検索
 

2016年01月27日

「あぶない刑事 フォーエヴァー TVスペシャル98‘」



1998年 日本テレビ

監督 一倉治雄

出演 舘ひろし、柴田恭平、浅野温子、中村トオル、 竹内結子、永澤俊矢、他

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
港署の刑事、鷹山敏樹(タカ)と大下勇次(ユージ)は、高級ワインバーで偶然にも強盗犯を発見し銃撃戦の末、逮捕する。
その時の店の弁償として多額の請求書を突きつけられたユージは、後輩の町田透(トオル)が薦めた高額バイトへと行った。だが、そこで、二人組に襲われ、一人は射殺したものの、もう一人は逃げられてしまった。
彼らが置いていった棺桶の中には、大量の銃器が入っていた。
一方、タカは、港署の1日署長として来るアイドル、風吹明日香の警備担当に回される。少年課と協力しながら、パレードルートや、コンサート会場のチェックに忙しい。
そんな中、逃げた男、城島から、置いていった銃器を返して欲しいとの連絡が入る。
断れば警官を殺すとし、その直後、交番の警官が射殺される事件が発生するのだった、

勝手な感想(自分の思い込み多々)
なんとなく内容を覚えていたので、きっとブランク中だったが、放映は見たのだと思う。
しかし、続きの映画版は見なかった。
パンフが手元にないからさ。

アイドル役が、 竹内結子だったとは、驚き。まだ、新人さんで初々しい感じだったんですが・・・。
あのソックスは、時代感じるねえ〜。(~_~;)

このドラマ以来、横浜が好きで、度々遊びに行っているのだが、やっと現代の横浜に近い風景になってきた。
あの、みなとみらいの様子は、現在とそう変わらない気がする・・・。(~_~;)

前回同様、敵は国際的なテロ集団となった。
まあ、前回は、国内中心だったのだけど、今回は、世界的な感じ。本格的に敵の本性が現れるのは、映画版になるのだけどね。

相変わらずの、ユージの走りとタカのバイク&ライフルアクションは格好いい。
毎回、そのシーンをどこへ入れるかってのは、監督(脚本家?)の力量だと思うけども、いつも納得の場面なので上手いなあ〜と思う。

そうそう、
後輩がいたのに、どこかへ消えてしまい、再び後輩になったトオルちゃん。
そこの継続は難しかったんですかね。(~_~;)

相変わらずの不死身な二人ですが、今回は、敵も不死身でした。

と言う事で、さっそく続きを・・・。
posted by takbout=たあぼう at 11:29| 山梨 ☀| Comment(0) | 邦画感想の事 舘ひろし & あぶない刑事 編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。