記事検索
 

2016年01月27日

「あぶない刑事 フォーエヴァー THE MOVIE」



1998年 東映

監督 成田祐介

出演 舘ひろし、柴田恭平、浅野温子、中村トオル、本上まなみ、マイク真木、加藤雅也 他

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
国際テロ集団「NET」のメンバー城島を病院送りにした、港署の刑事、鷹山敏樹(タカ)と大下勇次(ユージ)。
だが、城島は病院を抜け出し、再び武器弾薬を奪おうとしていた。
二人は署にも行かず、行きつけのバー「ボールスター」で二人だけの作戦会議を始める。
するとそこへ、伊達と名乗る人物がやってきた。店のマスコット的な存在の恵美は嬉しそうに彼に話しかけていた。その様子を見ていたユージはちょっと嫉妬するも、タカは、何かありそうだと彼を見ていた。
そんな時、城島から押収した銃器の輸送車が襲われたとの連絡が入った。
タカとユージは現場へいそぎ、かろうじて、銃器が渡るのを防ぐ。
そして、「NET」のリーダー的存在がこの横浜に来ている事を知るのだった。

勝手な感想(自分の思い込み多々)
今の今まで1度も観賞した事がなかったこの作品。
あれまあ、ここにも本上さんがいたんだね。
舘さんは、NHKのドラマ「新宿鮫」で彼女と共演している。再共演は、彼にとって普通なのかな?

国際的なテロ集団のリーダー伊達が、加藤雅也さんというのが、妙に納得だった。(^◇^;)
アメリカ映画とかに出演してたからだろうなあ。

ここで、個人的には始めて、
鷹山敏樹のプロフィを見たような気がする。
なので、少々紹介。(英語で書かれてたよ)

1956年12月15日生
(←おい、若くなっとる。ちなみに舘さん自身は、1950年)
1973年父Tosiharu 44歳、母Yoshiko 41歳死亡。
(←17歳で両親を亡くしてる!!)
妹Michiko33歳は、結婚してオーストラリアへ移住している。
(←9歳下の妹がいた!)

昔のパンフとか見れば、どこかに掲載してあったのかな?
発見出来たら、またご紹介します。

必死にお嫁に行きたがる薫ちゃんが人質となった桟橋は、
昨年、水上バスを乗るのに行った場所だったので、今度はじっくりしっかり見てこようっと。
撮影はどんなだったのか見たかったなあ。

あのタカとユージが行きつけだったバーですが、連ドラの頃から何度も登場するお店。
調べればきっとロケ地がどこなのか分かると思うが、未だにどこにあるか分からない。(^◇^;)
今もあるのかな?

相変わらず、国際的にも不死身な二人だったのですが、この作品があまりヒットしなかったのか、再び7年も沈黙します。

そして、2005年の公開作品「まだまだあぶない刑事(感想日記)」へ。

さらに、それから、再び10年の沈黙を得て、
今週末の30日より「さらば あぶない刑事」が公開。

てっきり前回の映画で、二人は幽霊だったんだろうなあ〜という個人的なオチを考えていたので、どう始まるのかちょっと期待大。

不死身な二人は、最後まで不死身なのかな?(~_~;)

posted by takbout=たあぼう at 11:41| 山梨 ☀| Comment(0) | 邦画感想の事 舘ひろし & あぶない刑事 編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。