記事検索
 

2007年10月20日

サントラ紹介-2 映画「裸足の女」

2006年ドイツ映画祭で上映されたドイツ映画のサントラである。

「Barfuss」  2005年/110分/監督:ティル・シュヴァイガー

残念な事に映画祭のみの公開だった為に未だに日本版のDVD発売がありません。

なので、これもドイツのAmazonより購入。




Barfuss [Soundtrack]

1.RAY COLLIN’S HOT CLUB-Barefoot
2.SCORE* Emma-Leilas Theme Part 1
3.MARIHA-MaAbsolutely Entertaining(Titelsong)
4.REA GARVEY-Hallelujah
5.REA GARVEY-Walk With Me
6.SCORE* -Get Ready
7.Ich habe sein Herz gehört(Filmdialog)
8.SCORE* -White Sands
9.DIDO-Don't Leave Home
10.SCORE* -Good Times
11.SCORE* -Smile
12.ANDRU DONALDS-And I Feel
13.SAYBIA-Still Falling
14.SCORE* -Sadness
15.DREI TAGE(Filmdialog)
16.SCORE* Emma-Leilas Theme Part 2
17.CAMERON-It's Alright
18.SCORE* -Got Me Swinging
19.SCORE* -The Day Has Come
20.SCORE* -Hope
21.SCORE* -Free Floating
22.MADRUGADA-Electric
23.SCORE* -And I Feel Piano
24.SCORE* -End Of The Road
25.CAMERON-This Is The Day
26.RAY COLLIN’S HOT CLUB-Shaking That Boogie


SCORE* -の表示は音楽のみ
3.Ich habe sein Herz gehört(Filmdialog)
15.DREI TAGE(Filmdialog)
上記は映画の中のワンシーンのセリフ

お気に入りは
1.RAY COLLIN’S HOT CLUB-Barefoot
この映画のテーマソングのようなもの。
古いのだけど新しい感じのする曲。一番のお気に入りである。

4.REA GARVEY-Hallelujah
しんみりとした感じの楽曲はいい感じだ。
この曲は、いろんなバージョンがあるようなのだ。
他の映画でも時々使われるのでチェックしておくのもいいかも?
自分が気がついたのは映画「Shrek」かな?

5.REA GARVEY-Walk With Me
映画のシーンが思い浮かぶ。
二人が並んで歩いているシーンが・・・。

15.DREI TAGE(Filmdialog)
ティル君が涙ながらに語るワンシーン。
聞いていても泣いてるのがわかるし、じ〜んとくる。
彼の口から「Ich liebe sie」=「I love her」という言葉も出てきますから、胸キュンものです。(爆)

このサントラは、本当に大好きなのだ。
時々無償に聞きたくなってくる。
映画も同様。見たくなってしまうのだ。
(くわしい映画の感想はここここで紹介している。)

日本版が発売されないのは、本当に残念。
ティル君の監督としての才能と、彼のやさしい視線というのを知って欲しいのだけどね。
posted by takbout=たあぼう at 18:08| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 好きな音楽の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック