記事検索
 

2011年11月04日

来月、ドクター・フー シーズン3が放送!!

9代目ドクターを、クリストファー・エクルストンが演じ、10代目ドクターを、ディビット・テナントが演じていたこのシリーズ。
(本国イギリスでは、現在11代目ドクターMatt Smithになって、シーズン6まで放送)


NHKのBS2で2007年にシーズン2まで放送され、その後まったく消えてしまったこのドラマだが、
CSのLaLaTVという放送局で
12月14日にスペシャルが放送され、17日よりドラマが放送されるのだ。
simmwho.jpg

以下掲載場所
http://www.lala.tv/pickup.html#t05 

このドラマが大好きなのと、このシーズン3には、気になる俳優ジョン・シムが出演するからすっごく楽しみなのだ。
それでは、本国版の予告編をどうぞ♪(もち英語)



さあ、どんな話の展開になるのだろうか?

もう、数年前だったから、忘れちゃった〜という方は、同じ局でシーズン1から放送をしてくれる。
11月5日(土)深夜25:00〜 (以下放送予定表)
http://www.lala.tv/programs/doctor_who/schedulelist.html 

個人的には見れる放送局なので、楽しみで仕方ない。
見れる方は、是非、見て下さい〜。
posted by takbout=たあぼう at 18:04| 山梨 ☀| Comment(0) | 好きなTVドラマの事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月27日

見直せ!スパルタカス

現在、StarChannelで放送中の「スパルタカス」
spartacus-andy-whitfield.jpg

最初は、何となく見ていたのですが、ここ2回ほどきっちりと鑑賞しているのだ。
なかなか、面白くなってきたぞ。

マクキッドが主演したドラマ「ローマ」を彷彿させるが、なかなか、どうして、格闘シーンが劇画ぽい映像で出来ているのだ。
映画「300」を鑑賞すれば分かるが、雰囲気的にあんな感じなのだ。

なので、見始めは戸惑った。(^_^;)
グロテスクだし、吹き替え鑑賞だったから。

最近の吹き替えは、
声優さんが固定されていて、同じ人がおいしい役を取ってしまう。
俳優担当なら未だ分かる。例えば、ジム・キャリーが山寺宏一さんという感じならば。
だが、俳優も違い、容姿も違うのに、主役となると同じ声というのがちょっと納得いかないのだ。
この作品も主人公のスパルタカスの吹き替えが、「24」のジャック・バウアーでおなじみの小山力也さん。彼の声は好きだし、セリフ回しも声の出し方も変えているのだが、どうしても、頭の片隅でジャック=キーファー・サザーランドがうろうろしてしまうのだ。

なので、申し訳ないが、字幕で鑑賞した。するとどうだろう、なかなか楽しくなってきたのだ。

主役を演じる、Andy Whitfield (アンディ・ホイットフィールド)がなかなか好みだったりするのだ。
andy-whitfield.jpg

さて、そんなに言うなら見てみようと思った方は、現在、ネットで初回がタダでみれる。
以下はその場所
http://www.star-ch.jp/spartacus/catchup.php

そして、前半の6話まで一挙に放送してくれるそうだ。
9月2日(木) 深夜1時より〜

これを見逃すてはない。
自分も、半分、寝ていた回が数回あったので、改めて見直そうと思っているのだ。

視聴可能な方、是非〜。(^_^)V
posted by takbout=たあぼう at 12:55| 山梨 ☀| Comment(0) | 好きなTVドラマの事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月10日

やっとシーズン9が発売!!

「アラーム・フォー・コブラ11 シーズン9」のDVDBOXが発売されます。

9月3日発売




本国ドイツでは、第15シリーズまで放送すみで、秋から新シリーズが始まります。

現在日本でリリースされているのは、(リリース順です)
第4シリーズ、第3シリーズ、第7シリーズ、第11シリーズ、第12シリーズ、第8シリーズ。
そして、今回の第9シリーズです。
各、スペシャル版は、第12シリーズのスペシャルまで。
早く、第13シリーズのスペシャルが来て欲しいものです。
(詳しくは、「Semirマニアの洒落言」をご覧になって下さい)

今度日本にくるのはどのシリーズなのでしょう?ドイツ本国のリリースも現在は第9シリーズまで。
ドイツと一緒になっているのかもしれませんね。(^◇^;)
posted by takbout=たあぼう at 10:04| 山梨 ☁| Comment(0) | 好きなTVドラマの事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月25日

DVDBOX発売!!

10年前に夢中になったドラマが、コンパクトサイズのDVDBOXとして発売される。
それは、
「ダーク・エンジェル」 シーズン1&シーズン2
5月28日発売


8月4日発売



今や3D映画の先駆け「アバター」を監督したジェームズ・キャメロンだが、映画「タイタニック」の後で手がけたドラマがこの作品だったのだ。




現在、主人公を演じた、ジェシカ・アルバもハリウッド女優として有名になり、相手役のマイケル・ウェザリーも大ヒットドラマ「NCIS」で活躍しているのだ。

吹き替えがTV放映時の山寺さんじゃないのは残念だが、再びローガン・ケイル(マイケル・ウェザリーの役名)に出会えるのが嬉しい限り。


当時、夢中になった人も、そうでない人も必見です。

自分はシーズン2のBOXがまだ手元になかったので、予約しましたよ〜。(^_^)v
posted by takbout=たあぼう at 08:00| ☔| Comment(0) | 好きなTVドラマの事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月04日

憧れの人物、ゼミルの魅力。

未だに夢中で見ている
「アラーム・フォー・コブラ11」


エルドゥアン・アタライが演じる
ゼミル・ゲーカーンがむっちゃ大好きなのだ。

俳優アタライも大好き。
彼については、もう少しいろいろ調べてから語る事にしようと思う。

では、まず彼の演じるゼミル・ゲーカーンの事について大いに語らせてもらう。(笑)

シーズン11 怒るゼミル.JPGタイムリミット2.JPG


ゼミルは、ドイツの高速警備隊(アウトバーン・コップ)に勤務する警察官。現在42歳=44歳(この歳はアタライ自身の年齢でもある=アタライ自身は2歳年下42歳)インゴ刑事が殉職し、その後を受けて高速警備隊に入る。現在の家族は、妻アンドレアとそろそろ2歳になるであろう娘アイダ。彼はトルコからドイツに帰化し、徴兵もしたらしい。(アタライ自身は、ドイツ人とトルコ人のハーフ)コブラ11とは、彼の所属番号ということであると思う。

ゼミルがどうして大好きなのかというのは、
やさしくて、真っ直ぐで、お茶目で、かっこいい男だからだ。

どんな人に対してもやさしいく対応するゼミル。
そして、真実をきちんと見極める冷静な態度。
さらに体がちっこいわりに心が広く、懐がデカイという感じだろうか。
現シリーズの相棒クリスにはほとほと手を焼いている様子なのに、彼は心をなかなか開かないクリスにどうにか近づこうとしているのだ。
最初の相棒フランクもそんな感じの男だったけど、あの時もゼミルは、がんばって近づこうとしてたっけ。
そんな大人の感じがすっごく好きだ。
だけど、そんな大人なゼミルがふと見せるガキっぽくさが無性に大・大・大好なich。(爆)
とぼけているのか、はたまた天然か?ちょいと見せるほのぼのとした雰囲気は、お茶目でいい感じだなのだ。
さらに、ゼミルが見せる、あの笑顔が好き。
照れくさそうに微笑む笑顔や、にやりと何かを含んだ笑顔は、なんとも言い難いくらい素敵なのだ。

さて、なんたって最大の魅力はゼミルの器用さだ。
何でも乗りこなす運動神経が断然かっこいい!
水泳は得意のようだし、バイクにも乗れるし、乗馬も出来る。
船も乗りこなし、水上バイクもお手の物。狙撃だって上手いのだ。
肉弾戦は時折、やられちゃうけど、相手の足をすくいあげるような蹴りは最高にかっこいい。
最近は見られないが、初期の頃は、洋服のほつれを縫ったり、けが人の応急手当をしてあげたりしていたものなのだ。
オールマイティのゼミルは、
本当に尊敬する人物なのだ。

今、自分が最高に憧れている人物が、このゼミルなのだ。
背丈が自分と同じというのもあるけど、コンプレックスを(男性なのにあの背丈は絶対コンプレックスでしょ?)もろとも思わない、逆に活かしているような、あの堂々たる雰囲気がすっごく好き出し、尊敬してしまうのだ。
ましてや、主役でもあるのに脇役に(相棒に)徹している点がすごく人生のお手本となっているのだ。
個人的に『人生は2番手』がモットーの自分としては、彼の位置づけがポイントなのだ。
華はいつも相棒。
だけど、その華を壊す訳でもなくさらに自分を失うわけでもなく。
そんな彼のポジションが人生においての相手に対しての自分の位置づけに参考になるのだ。
人の人生に関わる点としてゼミルのような関係を築いていきたいと何故か思ってしまうのだ。

何ヶ月でも、何週間でも、何日でも、何時間でも、ゼミルを見ていたい気分のich。

会えるものなら、本当に会ってみたい人物だ。

さて、
そんな彼を演じるアタライもそうとう魅力的な俳優さんと見ている自分。
そろそろ、アタライの魅力も研究するぞ。(爆) 
posted by takbout=たあぼう at 09:42| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 好きなTVドラマの事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする