記事検索
 

2016年09月23日

サントラが好きな訳

先日、今更ながらにマット・デイモン主演の映画「オデッセイ」を鑑賞した。


そこで、
火星に取り残された主人公ワトニーが、他の仲間の残していった私物の中にあった音楽を聴くというシーンがあり、「艦長、あなた、音楽の趣味が悪い。」と言っていた音楽を聴きたくて、早速、サントラを購入したのだ。


70年代の音楽なのに、この未来の話しとマッチしていて、気に入ったのもあるけども。

同じような未来の話しなのに、音楽は70年というギャップは、クリス・ブラット主演の映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」で経験済み。


でもなんで、SFが70年代の音楽と相性がいいのか?
それはきっと、月面に人類が行った年代だからだと思うからだ。
それを知っていた世代は、懐かしくもあり、知らない自分のような世代は、新鮮に聞こえるからだと思えるのだ。(あくまでも持論だが)

よくアーティスとかがインタビューに答える中で、このジャンルの音楽を好きになった理由として、「家族の誰かが聞いていた。」という話しがあるが、自分の家族は、今思い返すと音楽に無縁だった気がする。
5歳上の兄からは映画を教えてもらったが、音楽は聴いてなかった。未だに何が好きかも分からない。
7歳上の姉からは少しだけ、オフコースや、中村雅俊さんの音楽を聞かされた。
なので、
自分が音楽を知ったのは、80年代アイドルからだ。
とはいえ、そんなにどっぷりつかった事はない。
思春期には、舘ひろしさんを聞いていたのだから、変った若者だった事は確か。
70年代の音楽が好きなのは、舘さんの影響もあるかもしれない。

さて、本題へ。
サントラという存在を知ったのは、高校の時。
高校3年の時に好きだった男の子(あくまでも、片想いで終わった)との会話の中で、アンドリュー・マッカーシー主演の映画「マネキン」で流れていた曲が好きだと話していたら、「そのサントラを持っている。」と聞いて、是非、カセットに入れてくれと、無理に頼んで入れてもらったのが始まりだった気がする。
カセットの中には、この曲(歌詞がある曲の事)しかなかったからと、他の映画のサントラからも何曲かチョイスして入れてくれてあったのだ。
嬉しい誤算ではあったが、そのカセットが未だにサントラが好きな理由だと思う。

一人のアーティスとの曲を聴くのもいいが、映画だとそのシーンにあった、いろんなアーティスの曲を使ってくれるから、すっごく参考になるし、聞いていて楽しい。
映画のシーンが甦るもあるが、気に入ったアーティストに出会えたりする事もあるからだ。

日本の曲は当時の思い入れがあって、改めて聞こうなんて思えない。

だが、
洋楽は、今まで聞いた事もないし、思い入れもないので、新鮮にすべての世代を聞けるのだ。
カントリーも、ロックも、ポップも好き。韻を踏む、ヒップホップはちょと苦手だけども・・・。(~_~;)

ちょっと気恥ずかしいが、
そのきっかけととなった好きな曲を映画のワンシーンと共に紹介して、締めといこう。
(ネタバレあします、ご注意を。)



バレンタインなどで、よく流れる80年代代表の甘い曲だ。

当時、入れてくれた彼に大感謝。
地元にいるらしいが、今だに再会出来ないのが、寂しい。

ご縁がないんだろうなあ〜。(^◇^;) 

posted by takbout=たあぼう at 09:31| 山梨 ☀| Comment(0) | 好きな音楽の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月19日

やっと手に入れた!!

劇場版「銀魂」を見て、パンフの最後に書いてあったCDが無償に欲しくなって、その時は探してもどこも売り切れで、1週間後に何気に覗いたら、発売の2文字を発見!!
早速購入したのが、下記のCD

バクチ・ダンサー(初回限定盤) DOES
51fLQu4nlZL__SS400_.jpg

1.バクチ・ダンサー
2.僕たちの季節
3.曇天
4.修羅





映画の中で、銀さんと桂の斬殺シーンに使われていた曲「バクチ・ダンサー」
何も知らずにラジオから流れてきたこの曲に、「あ!銀魂の主題歌の人達じゃ〜」と思ったら、その通りDOESの新曲だった。(最近やっと歌手名を覚えた不届きものです。ファンの方、ごめんなさい)
曲を聴いたその時から、どうしようもなく映画が見たくなって、我慢できなくて映画館まで見に行ってしまったのだ。
実は、気持ちが半分くらい、「DVDになってからでもいいかな?」なんて思っていて挫折しそうになっていた時だったから・・・。(^_^;)

そして、鑑賞後。

もともと、「修羅」が好きで手に入れようと思っていたのだが、ちょっとケチ根性が働いて、その曲だけ買ってもなあと思っていた矢先に、初回限定版の素晴しいものがあると知り、こりゃ買わないとと思った次第だったのだ。

いや〜いいねえ。日本のロックも捨てたもんじゃないねえなんて思えてしまった。

「バクチ・ダンサー」は聞く度にあの二人のかっこいいシーンを思い浮かべるし。
「僕たちの季節」はじ〜んとくるしね。
「曇天」はあの弾んだ感じがいいよねえ。
「修羅」はやっぱ大好きだなあ。


数週間ぐらい、自分のiPodでは、この4曲がエンドレスで流れることだろう・・・。(爆)
posted by takbout=たあぼう at 20:46| ☁| Comment(0) | 好きな音楽の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月01日

お気に入りに追加の曲

第14シリーズの「コブラ11」(現在ドイツで放送中)で、200回記念のスペシャルに使われていた曲をまたしても探ししていた、ich。


(↑前々回のシリーズ)

1話の中にすべて、同じグループの曲を使っていたとわかりました。
そのグループ名は
「nickelback」(ニッケルバック)
という、カナダのロックグループ。
(彼らのファンの方ごめんなさい。音楽には本当にうといんです)

ホームページはこちら↓
http://www.nickelback.com/

気がついたら、このグループは、自分が最近購入した「トランスフォーマー/リベンジ」のサントラに楽曲を提供しているグループでした。
サントラを聞きながら、むっちゃ気に入っていた1曲だったので、なんだか嬉しかったです。





ドラマの何処で流れていたかというと。
先ずはこの曲。


オープニングのこのシーンで使われていました。
400_100026497.jpg
ゼミルがまたもやパパになると(第二子目)嬉しそうに告白したっけ!


次はこの曲。


こちらも冒頭のアクションシーンで使われていました。
400_100026502.jpg
ゼミルがアウトバーンに帰ってきたよ〜とはしゃいでたっけ!


最後にこの曲。

一番欲しかったのが、この曲だったのです。
二人が車の中で、死を覚悟するシーンで使われていました。
ゼミルがアンドレアへ思いを込めて結婚指輪にキスしたっけ!

と。
YouTubeで楽曲や映像を捜していたら、あれまあ、気がついちゃいましたよ、
おまけのもう一曲。

前シリーズでベンが初めて出勤するシーンで彼が聞いていた曲で使われていました。
ゼミルがベンに向かって、怒鳴っていたっけ!

すべてiTuneで1曲づつ購入しましたが、近いうちにアルバムを購入したいなあ〜と思っている所です。




このグループはよく映画などに楽曲を提供しているようです。
そういう関係ってなにか特別に契約とかがあるんですかね。
これからも、使われるか注意して聞いてみよっと。
posted by takbout=たあぼう at 13:27| ☁| Comment(0) | 好きな音楽の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月12日

今、夢中で聞いている曲

第13シリーズの「コブラ11」(日本未公開)で、使われていた曲がず〜と気になっていた、ich。


(↑は、その前の第12シリーズ)

それが、最近になってやっとあるグループの曲だとわかり、まずは、iTuneでその曲を買って聞いてみたのだ。

これは、「なかなか好きな曲だぞ!」と速攻に、Amazonからアルバムを2枚購入し、現在夢中で聞いているのだ。

楽曲は「Daughtry」=ドートリーというロックグループの曲「It‘s Not Over」
http://www.youtube.com/watch?v=E6s8C2DvfGo

ボーカルのクリス・ドートリーは、アメリカン・アイドルというオーディション番組の出身者で、おしくもこの時は優勝を逃したものの、レコード会社の目に止まり、デビューを果たした人物だというのだ。
音楽関係のド素人の自分が説明するのもなんなので、気になる方は、こちらの(英語ですが)公式サイトを読んでくれ。
http://www.daughtryofficial.com/us/home

自分が買ったアルバムは、下記の2枚。




とにかく、彼の声がいいし、曲もいい感じなのだ。
歌詞が分かるまでいけばいいが、何せ前から言っている通り、語学がダメなので、雰囲気で聞いているのだ。

最初に紹介した曲の歌詞は、このドラマの時の、このシーンのゼミルの心情を歌っているのだと、やっとわかった。
「君しかいない。もう一度、やり直そう。」
と歌っているのだそうだ。

とにも、かくにも、
未だにエルドゥアン・アタライ=ゼミルに夢中なので、何かと知るきっかけは「コブラ11」に関係してくるのだが。(^◇^;)

それにしても、これは自分の中では大ヒットのグループだ。
皆さんも機会があれば是非聞いてほしい。

だけど、
今更何を言ってるんだ?って声も聞こえて来そうだけどね。(爆)

posted by takbout=たあぼう at 09:32| ☔| Comment(0) | 好きな音楽の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月20日

サントラ紹介-2 映画「裸足の女」

2006年ドイツ映画祭で上映されたドイツ映画のサントラである。

「Barfuss」  2005年/110分/監督:ティル・シュヴァイガー

残念な事に映画祭のみの公開だった為に未だに日本版のDVD発売がありません。

なので、これもドイツのAmazonより購入。




Barfuss [Soundtrack]

1.RAY COLLIN’S HOT CLUB-Barefoot
2.SCORE* Emma-Leilas Theme Part 1
3.MARIHA-MaAbsolutely Entertaining(Titelsong)
4.REA GARVEY-Hallelujah
5.REA GARVEY-Walk With Me
6.SCORE* -Get Ready
7.Ich habe sein Herz gehört(Filmdialog)
8.SCORE* -White Sands
9.DIDO-Don't Leave Home
10.SCORE* -Good Times
11.SCORE* -Smile
12.ANDRU DONALDS-And I Feel
13.SAYBIA-Still Falling
14.SCORE* -Sadness
15.DREI TAGE(Filmdialog)
16.SCORE* Emma-Leilas Theme Part 2
17.CAMERON-It's Alright
18.SCORE* -Got Me Swinging
19.SCORE* -The Day Has Come
20.SCORE* -Hope
21.SCORE* -Free Floating
22.MADRUGADA-Electric
23.SCORE* -And I Feel Piano
24.SCORE* -End Of The Road
25.CAMERON-This Is The Day
26.RAY COLLIN’S HOT CLUB-Shaking That Boogie


SCORE* -の表示は音楽のみ
3.Ich habe sein Herz gehört(Filmdialog)
15.DREI TAGE(Filmdialog)
上記は映画の中のワンシーンのセリフ

お気に入りは
1.RAY COLLIN’S HOT CLUB-Barefoot
この映画のテーマソングのようなもの。
古いのだけど新しい感じのする曲。一番のお気に入りである。

4.REA GARVEY-Hallelujah
しんみりとした感じの楽曲はいい感じだ。
この曲は、いろんなバージョンがあるようなのだ。
他の映画でも時々使われるのでチェックしておくのもいいかも?
自分が気がついたのは映画「Shrek」かな?

5.REA GARVEY-Walk With Me
映画のシーンが思い浮かぶ。
二人が並んで歩いているシーンが・・・。

15.DREI TAGE(Filmdialog)
ティル君が涙ながらに語るワンシーン。
聞いていても泣いてるのがわかるし、じ〜んとくる。
彼の口から「Ich liebe sie」=「I love her」という言葉も出てきますから、胸キュンものです。(爆)

このサントラは、本当に大好きなのだ。
時々無償に聞きたくなってくる。
映画も同様。見たくなってしまうのだ。
(くわしい映画の感想はここここで紹介している。)

日本版が発売されないのは、本当に残念。
ティル君の監督としての才能と、彼のやさしい視線というのを知って欲しいのだけどね。
posted by takbout=たあぼう at 18:08| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 好きな音楽の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする