記事検索
 

2016年06月26日

今年も都会まで、ドイツイベントに行って来ました!!

文庫版発売&映画日本公開記念 『帰ってきたヒトラー』


帰ってきたヒトラー.jpg

森内薫×吉川美奈子×マライ・メントライン
必殺3人衆が語る。蔵出し!インサイダートーク
http://www.jdg.or.jp/event/03seminar/seminar_95/20160625j.html 
日時:6月25日(土) 14時 開場 14時30分 開演
会場:拓殖大学 文京キャンパス 

という事で、今年もイベントに行ってまいりました。

今回は、日独協会さんのフェイスブックで知り、お〜!!昨年お会いしたお二人が〜という事で、早速申し込み、昨日行ってまいりました。

今回も往復バスで〜と思ったのですが、行きがとれず、パートナーに最寄りの駅までと頼んだら、もうちょっと先まで送ってあげるよ〜と言われ、最寄りの駅よりも都会の方へ行ってもらいそこから、京王線に乗って新宿まで行きました。
実は、まだ映画も鑑賞してなかったので、これは、良い機会だとし、新宿の映画館のチケットを買い、予習して挑んだ、今回のトークイベント。

よかった〜予習して。

本か映画を見てないと、とんとはお話はついていけないな〜と個人的には思いました。
お二人は、ネタバレしないように、おっしゃってましたが、この話を知ってると知ってないとでは。やはり面白さは半減してたと思います。
映画の感想と、この日、本も購入したので、本の感想も読み終わったら掲載します。
今週の終わりには、映画の感想を先に「マニアの戯言」で掲載させていただきますけども。

さて、いよいよ始まったトークショー。
場所は、まんま、大学の教室。
みなさん、紙と鉛筆持参でせっせとφ(..)メモメモしておりまして、まるで学生時代の授業風景。
大学生になった事がない自分には、大学の講義を聞いているような気分になりました。
(お堅いのではなく、楽しい授業)

とはいえ、φ(..)メモメモも取らず、ニヤニヤと、出演者様の顔を眺めていた自分
お話上手だな〜いろいろ知ってるな〜すげな〜と感心しながら、そうそうと、うなずいたり、ほ〜「そういうことか〜」と納得したり、本当に楽しい一時でした。

個人的には、映画字幕の裏側は本などで知っていたからですが、
本の翻訳の裏話には感心させられ、新鮮でした。
そんなご苦労をなさって、世に出てくる翻訳の本って、すげ〜な〜と。

昨年もそうでしたが、相変わらず、面白おかしく、
ドイツ事情をお話して下さった、マライ・メントラインさんには、もう、尊敬の眼差しばかり。
お話は上手だし、何を聞いても答えられる才女。

自分達が逆に、あんなに日本の事を質問されても答えられるだろうか?と思ってしまいました。
そして、
複雑なドイツ人の心境を語られた時は、無知な日本人で申し訳ないと思ってしまった次第でした。

そうそう、
トークショーが終わり、質疑応答での事。
映画を見ていてよく言われるあのフレーズが出ました!
「ドイツ人は笑っていたが、日本人には、なんで笑ってるのか分からなかった」という質問。

これって、ドイツ映画にかかわらず、外国映画で字幕を見ている人には、誰もが経験する事柄。
字幕でどうにか出来ないのか?みたいな事を言いますが、笑いってそう簡単に訳せるもんじゃ〜ないんです。ワンシーンで出てくる字数も限られてるもあるのですが・・。
自分は答えられてる主役様に変わって言いたかった〜。
笑いには背景が必要で、なにわともあれ、映画「テッド」をご覧なさいと。
百聞は一見にしかずでどんだけ字幕で笑わせるという事が難しいかが、理解出来るから〜と。
その事でお悩みの方。
どうぞ鑑賞して裏話まで見て下さいまし。

それと、
「軍隊がドイツ国内で派手なパフォーマンスを見せていいのか?」という質問を聞いた時、
「日本でも、軍事練習なんぞ見せてますよ〜」と言いたかった。
すっごく、戦争映画オタク風でしたが、参考にしている映画が「ワルキューレ」と言った時にはがっくりでしたけども。(メジャーすぎ)

イベントが終わった後、昨年お会い出来た、産業書類を訳している方とも再会でき、面白い美味しい話をたくさんお聞き出来てすっごく嬉しかったです。
基本、映画もメイキングなど裏話が大好物ですので、いや〜本当、面白かったし、勉強になったし、幸せでした〜。
名刺やサインも頂いちゃって〜
だけど、尊敬するマライ・メントラインにサインを貰う勇気が出来なかった事が、むっちゃ後悔しております。(基本、小心者)

帰りの電車の中、一緒に帰りましょうとおっしゃっていただいて、その中でのお話しも大変楽しかったです。あ〜こうやって、一つの話題で盛り上がれる友人(と言ったらおこがましいですが)が出来た事がまじで、ブログやってて良かった〜と思った瞬間でした。

昼飯抜きだったんですが、
胸もお腹もいっぱいになってしまって、夕飯どうしようかな?と思って探しまくって、このまま食べずに帰ろうかと思った矢先に入ったお店のオムライスが、やけに美味しかったです。
(その後のいつもの、胃がキリキリに見舞われてしまいましたけども)

ほぼ、1年ぶりの一人遠出だったので、場所に行けるか心配でしたが、(案の定、大学の最寄りの駅で少々迷った)なんとか無事行ってこれてよかったです。

今回の企画をして下さった、日独協会さまには、感謝感謝です。
そして、こんな田舎者に、付き合って下さった皆様、本当にありがとうございました。

またお会い出来る事を祈って、せっせと、ドイツ映画を鑑賞し、ブログも更新していきますので、今後ともまた、よろしくお願いいたします。 

あ〜また行きたいな〜。 

posted by takbout=たあぼう at 20:30| 山梨 ☁| Comment(0) | ドイツかぶれの事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月13日

都会まで、ドイツイベントに行って来ました!!

「ドドンとドイツ」 

2015.7.11 ドドンとドイツ.jpg
リアルなドイツを、その愛すべきところもザンネンなところもまるごとドドドーンと紹介します!!
サイトはこちら ↓
http://tcc.nifty.com/cs/catalog/tcc_schedule/catalog_150502204895_1.htm 
日時 7月11日 土曜日 昼12:30〜
場所 東京カルチャーカルチャー
2015.7.11 ドドンとドイツ2.jpg

という事で、高速バスに乗り、都会まで、行って来ました!

いきなり、時間を読み間違え、バスの乗り場まで、ダッシュして始まったその日。
右往左往して、会場へ開演の1時間半前に到着いたしました。
元来の方向音痴。
なのに、こんな時に限って、時間をロスせず着いてしまう皮肉さ。( ̄。 ̄;)
駅の回りを、ぬぼ〜と散策し、どっか涼めるところはないかと、一応、某有名TV局へ。
2015.7.11 ドドンとドイツにて.jpg
一休みして、再び、会場隣のショッピング街へ。

そして、開演時間となりました。

同行して下さったのは、
いつもドイツ関係でお世話になっている方と、その方のお友達2名。
皆様、ドイツ語関係のお仕事の方々でした。そして、皆様、優しかった〜。こんな自分に、気軽に話しかけて下さって、感謝感激でした。
さらに、皆様、ドイツ在住の経験者。
ドイツに行ったこともなく、ましてや、住んでた事なんてまるっきりなかった自分には、むっちゃ新鮮な一時できた。
というか、
自分の知ってるドイツって、コブラ11の世界だけですかからね。
そうそう、アウトバーンで事故は起きない世界ですわ。(^◇^;)

ドイツで読まれている雑誌、新聞のご紹介。
東・西ドイツ時代のあらゆる製品分析。
人々のファッションセンス。
民族衣装のご紹介、などなど・・・。

貴重な時間でした。

嬉しかったのは、ドイツビールとカリーブリストが食べられた事。
しかし、在住経験者の皆様方曰く「こんな辛くない!」の一言でした。もっと甘い感じなのだそうです。
本場を食べに行ってみていなあ〜。

個人的には、
映像関係の事が何も触れなかった事が残念でした。
質問すればよかったのかな?
それと、
ドイツ料理が他になかった事。もうちょっといろいろ食べてみたかった。

もし、同じような企画をして下さすのなら、
次回は、料理もドイツもので。
そして、映画やTVが今、どんな方向へ向かっているか、ドイツ人は基本どんなTV・映画を見ているのか、教えて頂きたいです。

まあ、ともかく、一度もドイツへ行ったことがない自分には、初めて、ドイツという国に乗り込んだ気分になれました。
もうちょっと、ドイツ人のイケメンが好みだったら、もっと、好印象だったんだけどなあ。
(^_^;)\(・_・) オイオイ(基本そこか!)

ご一緒して頂けた、皆様、本当にありがとうございました。(Danke!!)
帰りも、ダッシュでバスに乗り込み、お礼もそこそこに帰ってしまった事をお許し下さい。
そして、また何か機会がございましたら、誘って下さい。
行ける範囲でがんばって、都会まで行きますので。

久々に、楽しい一時でした〜。 

posted by takbout=たあぼう at 06:58| 山梨 ☁| Comment(0) | ドイツかぶれの事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月10日

再び、にわかサッカーファンになる。(^_^)V

バレーのロンドンオリンピック予選を見ていたら、
なんとCMで「UEFA EURO 2012 サッカー欧州選手権」の文字。
え?サッカー?それも大好きな欧州となれば、見ない訳にはいかない。

という事で、調べたらなんとドイツは、死の組と呼ばれるB組に所属。
何故に死の組なんて思ったら、
オランダ、デンマーク、ポルトガル、ドイツ。
なんなのこの組み合わせ。これで予選?(@_@)

そのCMはWの文字のつく放送局だったので、半ば諦めていたら、夜中に中継の文字発見!!
これは録画してでも見ないと〜ということで、昨晩(正確には今朝ですが)録画して、さっき見終わった。
途中、夜中に、目が覚めてTV点けながらうとうとしながら、生中継を見ていたが、いささか眠くてはっきりは覚えていなかったからだ。

ドイツ代表は、W杯の時とほぼ同じメンバー。
懐かしい面々が帰ってきた!
お気に入りのエジルは、最初から。途中交代したけども、それでも活躍していたぞ。
393154_10150949705279663_879956175_n.jpg

いや〜あのドイツのユニフォーム好きなのよ。きゃ〜いいよ、ドイツ(^_^)V

その前に、オランダが破れていきなり波乱のB組。
ドイツもそうかと思ってハラハラドキドキ。
特に先日、親善試合で負けた〜なんて聞いてたから、まじでデフェンズ陣にハラハラしてたのだ。
でも、凄いセーブもしてたし、あのゴールはびっくりだった。あれ、入っていたら、同点で分からなかったよね。

やっとこさ、ゴールを決めて1点先取だったドイツ。
守り抜きましたが、もう、大変だったよ。

エジルの活躍が薄いみたいに言われるが、元来いつも良いパス回しをするのが、彼。
その内にきっとゴールは決めてくれるだろう。

ドイツが主に応援だが、他にも見たいチームが目白押し。
今晩のイタリア、スペインも見たいから、録画しておこうかと。

眠れぬ数日間が久々に来たなあ。
まぶた重いけどやっぱ、ヨーロッパサッカーは凄いし、面白い。

次回のドイツは、中継してくれないのかな?オランダとの対戦だから、むっちゃみたいんだけどなあ。

TBS系の放送予定↓
http://www.tbs.co.jp/euro-soccer/ 
posted by takbout=たあぼう at 12:06| 山梨 ☔| Comment(0) | ドイツかぶれの事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月29日

今年は、Advent Calendarを購入。

昨年のクリスマスに、クリスマスまでのカレンダーがあって〜というのを教えてもらった、ich。
今月の初めに、ドイツ製品ではない(日本製)のですが、Advent Calendarを購入しました。

101129_081954.jpg

あと2日で、いよいよ12月。
12月1日から開けてみようと思っています。
101129_082016.jpg

完成すると紙ですが、クリスマスツリーが出来上がるみたい。
なんだか、ワクワクしてきちゃったなあ。

そして、昨年食べてちっと失敗した、シュトレン。(田舎では2度と買わん!)
今年も食べてみたいと思っているのですが、なかなかいい感じがありません。
お手頃でおいしいのはないですかね。(^◇^;)

後は、
Glühwein(グリューヴァイン)を飲んでみたい!

六本木のクリスマスマーケットにも行ってみたい!紹介サイト

無理っぽいけども・・・。(^◇^;)

posted by takbout=たあぼう at 16:31| 山梨 ☀| Comment(0) | ドイツかぶれの事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月04日

ベルリンの壁崩壊から20年

昨日の10月3日は、ベルリンの壁が崩壊して20周年でした。

いつもドイツ関係でお世話になっているありちゅんさんが、東西に分かれていた頃の貴重な体験談を話してくれています。
(興味がある方はこちらの記事まで。『東西ドイツ統一から20年』

20年前の当時。
自分は、まったくこの事を知りませんでした。
なぜなら、都会へ移り住んだばっかりで、環境になれるのに精一杯だったからです。
大袈裟に言えば、人生の転換期
親元を離れての初めての一人暮らし。
(正確に言うと今で言うルームシェアがいたので、一人〜ではなかったですが。(^_^;))
新聞はもちろんありません。
TVは付けても好きなアーティストのコンサートビデオを流している始末。
夜中まで、友人と遊び歩いて、朝早くには〜という生活でした。

そんなお気楽ちゃんが今では必死に当時の事を知ろうとしているのです。
それも大好きな俳優が、ドイツ人だから。(ここミーハーです。(爆))

という事で、
自分のようにてっとり早くこの事について学びたいという人は、下記の映画やドラマを参考にするといいと思います。

壁が出来た理由。
「トンネル」 感想日記


ベルリンの壁って何処にあった?という自分のようなめっちゃ初心者の方。
ベルリンという街に突如、有刺鉄線が現れます。そこから壁建設へ。
そのあたりがドラマを通してよく分かります。感動的なお話です。

壁が崩壊した理由。
「ビハインド ザ・ウォール ベルリンの壁・最後の脱出」


こちらはちょっと長いドラマですが、崩壊までの事がよくよく分かります。
そして、当時の東西経済の違いも。
壁が崩壊していくまでの流血のないデモ行進の事も分かり、こちらも感動的なお話です。

壁崩壊後のドイツ人
「グッバイ!レーニン」 感想日記


こちらは、壁崩壊後のドイツ国民の混乱がよくわかります。
コメディ風なのでお気楽に見れると思います。


昨年、
NHKのBSで壁崩壊のドキュメンタリーを放送してくださいました。
http://www.nhk.or.jp/pr/keiei/shiryou/soukyoku/2009/10/004.pdf
(全部は拝見してませんが、一部は録画して見ました)

そして、
先日の土曜日には海外ネットワークという番組で、現在のドイツを放送してくださいました。
http://www.nhk.or.jp/worldnet/
(とは言っても、気がついて見たのは、後半の10分だけでした)

同じ敗戦国としてなんとなく生真面目な国民性が似ていると勝手に感じる、ドイツ人と日本人。
来年は日独国交150周年を迎えるそうなので、ドイツかぶれは来年も続きそうです♪ 
posted by takbout=たあぼう at 11:56| 山梨 ☁| Comment(0) | ドイツかぶれの事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする